--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2014/04/04(金)
『リトルスプーンでいちごのワッフル』
またまたリトルスプーン行ってきました。
どうしてもタイ語学校のすぐそばなので、このカフェ寄ってしまいます。
前回ワッフルがとってもおいしかったので、またまたワッフル!!

今回はいちごのワッフルにしました。
リトルスプーン

上にトッピングするアイスは、店内のショーケースから選べるんですよ!
私は、ストロベリーチーズケーキにしました。
そして、ドリンクはベリースムージー
リトルスプーン

私ったら、今日はどうしちゃったのかしら?
なぜかベリー系ばっかりチョイスしちゃいました。

タイのいちごはおいしくない…と言われていますが、
この一時期だけは、チェンマイなどでおいしいいちごが
収穫できるみたいです。
食べれる時期は短いので貴重ないちごですね。

リトルスプーン
リトルスプーン落ち着くカフェです。
きっとまた行くと思います~!
2014/03/28(金)
『アソークのカフェ*リトルスプーン』
私の通っているタイ語の学校がアソークにあるのですが
その近くにとってもかわいいナチュラルなカフェがあります。

「リトルスプーン」

ちょっと駅からは遠いのですが、がんばって歩いてきてよかった
と思えるカフェでした。
リトルスプーン

メニューの写真を見て一目ぼれしたのがこちらのワッフル!
焼き立てほやほやのワッフルのくぼみに
甘いチョコレートソース
しょっぱいピーナッツバター
交互に入っているんです。

ピーナッツバターは全然甘くないので、
甘めのチョコレートソースと一緒に食べるとおいしいです

そしてこちらのカフェには、少しだけ食器もおいてあります。
リトルスプーン
温かみのある木のスプーン

シンプルでナチュラルなお皿やカップ
リトルスプーン

そして私の心をキュンとくすぐった
こちらのケーキドーム
リトルスプーン

欲しいなぁ~
いつか買おうかな!と考え中です。
2014/03/22(土)
『おいしくておシャレなタリンプリン』
タイでタイ料理は当たり前にあふれているのですが、
そんな中でも特におすすめなのがこちらの「タリンプリン」

なぜなら、おシャレなのに気軽に入れる雰囲気で
しかもお値打ちなのもおすすめ。
もちろん!味はおいしかったです☆

私たち夫婦は外食というと、和食か焼き肉かイタリアンに
行ってしまい、タイ料理に行くのはめずらしいです。
この日も、かなり久々のタイ料理でした。

そこで、今日は今までに食べたことがないタイ料理にチャレンジしてみよう!
と2人で意気込んでいたのですが…
タリンプリン
とりあえずトムヤムクンははずせないよね!

タリンプリン
コームーヤーンは絶対ウマイ!
私は春巻き食べたい!!

タリンプリン
さっぱりしたサラダも頼まなきゃ!
ヤムウンセンならあっさりしてるね。

あれ?
挑戦する!って言ってたのに、気づいたら全部食べたことある料理ばっかりになってしまいました
結局チャレンジはできてないけど、どれもできたてでおいしかったです。
おいしい料理をいただいてる時は、会話もはずみます。
絶対また行きたいレストランです。

次こそ新しいメニューにチャレンジしてみようっと

2014/03/15(土)
『ホリデーインのランチビュッフェ』
タイでできたお友達の一人が本帰国になってしまい、
ついに日本に帰ることになってしまいました。

いつかはこういう日が来るとわかっていましたが、
仲良くしてもらったお友達が急に帰ってしまうというのは
残された方も寂しいものですね。

最後にランチしようということになり、
ホリデーインのランチビュッフェに行ってきました。
ホリデーインのランチビュッフェ
ソイ22にあるホリデーインのランチビュッフェは初めてだったのですが、
チットロムの方とは趣向が異なり、こちらもまたとてもよかったです。

ホリデーインのランチビュッフェ

クイッティアオやパスタはその場で調理してくれるので
できたてホヤホヤ。

ホリデーインのランチビュッフェ

デザートはケーキやお酒を使った大人のデザートが並びました。

ホリデーインのランチビュッフェ

かわいいお子さんが2人いる彼女とは、旦那さん同士も含め
家族ぐるみで仲良くさせてもらっていました。
タイで暮らす奥様としてのお互いの悩みを話したり、
参考になる情報をいろいろいただいたり、
本当はもっともっとお話ししたかったです。
旦那さんも本帰国なんて信じられないなぁ~と言っていました。

子どもたちは、私たち夫婦とも気兼ねなくなんでもお話ししてくれて
とても楽しい時間を過ごせたと思っています。

日本でまた元気に生活してほしいです。
いつかまた会いましょう☆
ホリデーインのランチビュッフェ
2014/03/02(日)
『ゴルフデビュー☆』
タイのゴルフコースに初めて行ってきました。

「ロイヤルレイクサイド」
ロイヤルレイクサイド

日本のゴルフコースと違って、広くて緑がいっぱいでとても気持ち良かったです。

ただ池がとっても多く、またバンカーはアリ地獄状態で、
下手っぴな私はけっこうみなさんに迷惑をかけてしまいました
ロイヤルレイクサイド

スコアはあまり良くなかったけど、すごく楽しくて
機会があればまた行きたい!と思いました。
その時までに、池とバンカーを克服しなければ。。。
ロイヤルレイクサイド

2014/02/26(水)
『デュシタニのアフタヌーンティー』
お友達の誕生日のお祝いで、デュシ・タニのアフタヌーンティーに行ってきました。
デュシタニのアフタヌーンティー

こちらのアフタヌーンティーはお値打ちなのに、
こんなにボリュームが多くてとても満足感

14:30~なのですが、miinaはお昼ご飯を抜いていって正解!

一番下の段はまるでフレンチのアミューズを思い出させる品々。
手の込んだ仕上がりで、味もまずまずです

まん中の段は、スイーツが。
ひと口サイズのかわいらしいスイーツが宝石のように並びます。

そして一番上の段は、スコーンサバランがのっていました。
こちらのスコーンは中にクリームが挟んであって、
すごくおいしかったです。

TWGの紅茶の種類も豊富で、どれでも選べるのも嬉しいですね。
デュシタニのアフタヌーンティー

お友達とおしゃべりしながら、午後の時間を過ごしました。
2014/02/16(日)
『タイでもアマンド・ショコラ大好きです』
タイに来てもやっぱり作っちゃうんです「アマンド・ショコラ」
なんだか毎年2月になると思いだして作るんですよね。
タイは日本のように寒くないけど、やっぱり2月に思い出しました。
アマンド・ショコラ

ローストしたアーモンドをカリカリのキャラメルでコーティング。
アマンド・ショコラ

ひと手間かかるけど、これがおいしさのポイントなのです。
今年も、旦那さんと2人で食べました。
やっぱり2人とも手が止まらない…

アマンド・ショコラのレシピも公開しています。
2014/02/15(土)
『タルト・オ・ショコラ』
バレンタインは「タルト・オ・ショコラ」

タルト・オ・ショコラ

旦那さんは、チョコレート好き
中でもチョコレートのケーキが好きで、
ケーキ屋さんで見かけると絶対にチョコレート系を選びます。

今年はあまり時間がなくて、工程をちょっとはぶいちゃったけど
タルト・オ・ショコラを作りました。

タルト・オ・ショコラ(16cmタルトリング型1台)
<シュクレ生地>
バター-----80g
粉砂糖-----50g
卵-----40g(1個弱)
薄力粉-----150g
ココア---15g
ブラックココア-----5g

*焼成 165℃で30~35分(目安)
 空焼きしたら表面に刷毛で卵黄(分量外)を塗る

<アパレイユ生地>
クーベルチュール(ビター)-----30g
生クリーム+牛乳-----90g
(割合1:1くらい)
卵-----1/2個
卵黄-----1個
グラニュー糖-----30g

1.クーベルチュールを湯せんで溶かす

2.生クリーム+牛乳を鍋に入れ、グラニュー糖ひとつまみ加え火にかけ温める
溶かしたチョコレートに少しずつ加えながらなめらかになるよう混ぜ合わせる

3.ボウルに卵、卵黄、グラニュー糖を加えホイッパーですり混ぜる

4.2を少しずつ加えながら、泡立てないように混ぜ合わせる

5.空焼きしたシュクレ生地に流し入れ、110℃のオーブンで40分ほど焼いて完成

タルト・オ・ショコラ
タルトは冷蔵庫でしっかりと冷やし、
ホイップした生クリームを添えて一緒にいただくとおいしいです。

※ちなみに、ここで使用したブラックココアは、
日本で購入したものです!!
タイにも売ってるのかな~?

2014/02/14(金)
『フアヒンの最後はカオ・ルアン洞窟』
フアヒンからバンコクに戻る途中、とても神秘的な洞窟があるとのことで「カオ・ルアン洞窟」に寄ってきました。
カオ・ルアン洞窟

この洞窟は無料で入ることができます。
下につながるせまい階段を降りて行くと
それだけで気温が2,3℃低く、ひんやりしています。
カオ・ルアン洞窟

奥には金の寝仏像がありました。
うす暗くそして音もなく、荘厳な雰囲気に包まれており、
心が洗われるような場所です。
カオ・ルアン洞窟

そしてたくさんの仏像が並ぶ場所では、岩の間から差し込む太陽の光が神秘的な雰囲気でした。
カオ・ルアン洞窟

1泊2日のフアヒン旅行。
とてものんびりした街で、ゆっくりと時間を過ごすことができました。
2014/02/14(金)
『フアヒンの海辺のカフェでのんびり』
フアヒン2日目。
朝からホテルのプールサイドでのんびりくつろぐ私たち。
天気が良すぎて、太陽の下は暑くて焦げそうなるので、
大きな木の下の木陰で寝そべります。
すぐ横には静かなプライベートビーチが広がっていて
ゆっくり大きな波の音が心を癒してくれました。

結局プールに入るわけでもなく、ただひたすらウトウトしながら過ごしました。

チェックアウトの後は、フアヒンの海辺に面したカフェに。
「バーン・クライ・ワーン」
バーン・クライ・ワーン

入り口は庭園のようになっていて、カフェかどうかも分かりにくいのですが
バーン・クライ・ワーン

奥に進んでいくと波の音が!
なんとすぐ目の前が海でした。
バーン・クライ・ワーン

これほど解放的なカフェが世の中にあったんだ!というくらい気持ちが晴れ晴れ~。
こんなステキな場所でお茶できるなんて。
夫婦で一緒に行ったのに、まったく会話もせずにそれぞれの時間を過ごしました。
彼は海辺を散策したり、私は読書、完全に東野圭吾の世界にふけっていました。

気づくとなんと4時間も経過―。
時の流れがゆっくりで気持ちまで癒される場所でした。
※当ブログの趣旨にそぐわないコメント等は、管理者の判断によって断りなく削除する場合があります。ご了承願います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。