FC2ブログ
  
--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2013/02/26(火)
『鳥居のようなブランコと「ワット・スタット」』
続いて向かったのは「ワット・スタット」
目印になるようにそびえ立つのがこちらの建造物。
お寺の正面に建てられているので、もしかして鳥居?
って思いましたが、これはブランコの支柱だそう。
ワット・スタット

高さは21mで、ここに吊るされたブランコに乗って
行う毎年の行事の際、悲しくも墜落して死亡者が
後を絶たなかったので、この行事は中止になったの
だそうです。ブランコはもうありませんが、
支柱のみのこされているのですね。

そして、中に入ると白い柱が特徴のお寺の本堂。
素晴らしい造りです。
ワット・スタット

ここは、観光客よりも地元のタイの人が
ハスの花と線香とロウソクを購入し、
参拝に来ていていました。
ワット・スタット

本堂の周りを囲むように仏像がたくさん。
金色のものや漆黒のもの、また黒い石仏のようなもの
違いはよくわかりませんでしたが。
ワット・スタット

巨大な本堂の中は、8mもの仏像が安置されており、
その前でお坊さんが地元の方々のお悩みを
聞いていらっしゃいました。
ワット・スタット
2013/02/25(月)
『船にのって到着!「ワット・アルン」』
チャオプラヤー川の西岸にある壮大なお寺が「ワット・アルン」

対岸の「ワット・ポー」近くにあるター・ティエン桟橋から
川をわたる船が出ているので、それに乗って向かいます!
ワット・アルン

渡し船の料金が、たったの3B(約15円)だったのには
とっても驚きました安っ!!
ワット・アルン

船に乗りながら、2人で写真を撮り合いっこしているうちに
3,4分であっという間に到着!
「ワット・アルン」です。
ワット・アルン

「ワット・プラケーオ」が建設される前までは
この「ワット・アルン」にエメラルド仏が安置
されていたそうです。

「ワット・アルン」は外壁を陶器の破片で飾られていて
お花のデザインが華麗な印象です。
これまでの金ピカの仏塔とは少し装いが違っていました。
ワット・アルン

こちらの大仏塔の中央部まで登ることができるので、
行ってみました!
なんと、これほどの急こう配の階段…。
上りは脚の力を必要とし、
下りは恐怖との戦い!
ワット・アルン

「ワット・アルン」のアルンとは暁のことを意味していて、
三島由紀夫氏の小説「暁の寺」の舞台となったのは
このお寺だったそうです。
2013/02/24(日)
『巨大な寝仏!ワット・ポー』
続いて訪れたのは「ワット・ポー」

こちらのお寺の見どころは、なんといっても
巨大な寝仏です。
どうして寝ているかというと
…悟りの境地に達した…からだそうです。
ワット・ポー

このお堂いっぱいに横たわっている巨大な仏像は
なんと長さ46m高さは15mもあるんです。
すごく大きくて圧倒されました!
しかも、金色に光り輝く豪華さ
ワット・ポー

そして、こちらが足。
超人であることを表す偏平足。
ワット・ポー

足の裏はこんな感じ。
108面にわかれた絵が描かれています。
指の長さが全部同じ!!
ワット・ポー

そして、こちらは「煩悩を捨てる鉢」
20B(バーツ)寄付をすると、ケースに入ったコインがもらえるので、
そのコインをこちらの鉢の中に1枚ずつ入れて行きます。
鉢は全部で108個あり、全部にコインを入れると
108つあると言われている人間の煩悩が消えると言われています。
私たち夫婦もコインを入れました。
ワット・ポー

「ワット・ポー」は寝仏が印象的で
しかもとても厳かなお寺でした。
2013/02/23(土)
『詐欺師に遭遇!ワット・プラ・ケーオ』
2月ラストの週は、タイは3連休
タイに来て2ケ月経ってしまいましたが、
ようやく初めて観光といえる観光をしました。

タイのお寺、特にこちら「ワット・プラ・ケーオ」
タイ王室の守護寺でもあり、タイで最高位のお寺
とてもきらびやかで、荘厳で、心が動かされました!
ワット・プラ・ケーオ

実は、朝一番でこのお寺に向かったのですが、入口付近にいるタイ人に
「今、仏陀セレモニーが開催されているので10時30分までこのお寺は入れない」
と言われました。

以前、新婚旅行でイタリアに行った時に
ヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂にも
教皇の謁見の日と重なってしまい、入れなかった思い出が…。
 *2011年11月『ヴァチカン サンピエトロ大聖堂』の記事

だから、今回もまたそういう日にあたってしまったのだと思い、
「ワット・プラ・ケーオ」にも入れないと
信じ切ってしまった私たち夫婦。
ところが、これは真っ赤なウソ!
「向こうのお寺なら開いてるから、そこまで連れていってあげるよ」
と、別のお寺を紹介し、
横に控えているトゥクトゥクの運転手とグルになって
観光客をだますという詐欺!

ワット・プラ・ケーオ

まんまとひっかかるところでした。。。

入口にはふつうに「Everyday OPEN」と書かれた看板が。
中に入るとたくさんの観光客でにぎわってました。

タイの人はいい人が多いのに、こういう悪い人もいるってことが残念です。

ワット・プラ・ケーオ

詐欺を回避し「ワット・プラ・ケーオ」に入りました。
ここのお寺には仏塔がたくさん。
しかも様式の異なるさまざまな仏塔があり、
煌びやかな彫刻は、どれも見ごたえがあります。

ワット・プラ・ケーオ

人と鳥が半身ずつの聖鳥キンナラ
一体一体お顔が違ってました。
ワット・プラ・ケーオ

こちらはもともとエメラルド仏を安置するために
建てられた建物。でも、実際はここではなく
本堂に安置されています。
ワット・プラ・ケーオ

その本堂がこちら。
ガラスがきらめく大きな建物です。
中に入る際は、靴を脱ぎます。
エメラルド仏は意外にも66cmと小さく、
大切に祀られていました。(撮影禁止)
ワット・プラ・ケーオ

タイのお寺は、他のどの国のお寺とも違った
華やかな装飾ときらびやかさがありました。
ここは特に圧巻です
2013/02/11(月)
『バンコクアート&カルチャーセンター』
1月にタイに来た時は、1B=2.6円だったのに、
たった1ヶ月で1B=3.1円 
何万円かの単位で日本円をバーツに両替すると
このレートの悪さがけっこう響きます。
なのでがんばって調べて少しでもレートのいい両替所を探し
今回たまたま「SIAM EXCHANGE」が良かったので行ってきました。
※いつもは、だいたいSUPER RICHがレートいいです。

両替した後、ちょっと寄ったのが
「バンコクアート&カルチャーセンター」
9階建ての白い建物。
バンコクアート&カルチャーセンター

無料で入れるので見学してみました。
この時はちょうど小学生の絵の展示をしていて、
あまりの色遣いの上手さに見入ってしまいました。

バンコクアート&カルチャーセンター

バンコクアート&カルチャーセンター

バンコクアート&カルチャーセンター

自分が小学生の時はこんなに上手なタッチで描いたことは
なかったと思います。
すばらしきタイの小学生!
バンコクアート&カルチャーセンター

2013/01/24(木)
『セントラルワールド&ZEN&伊勢丹』
お天気も良くてのどかな平日。
あえてラチャダムリー駅で降りて、
チットロム駅までのんびりお散歩~

目的地はチットロム駅直結のショッピングセンター
「セントラルワールド」
見えてきましたぁ~
バンコクショッピング・セントラルワールド

ここは、約500のショップと約50のレストランが集結して、
映画館もある巨大なショッピングセンター。
ZEN伊勢丹とも直結していて、1日では周りきれない広さですね。
バンコクショッピング・セントラルワールド

広くてキレイな店内は、タイっぽい雰囲気はなくて
本当にバンコクは進んでいるなぁ~って感じます
バンコクショッピング・セントラルワールド


日本人なら伊勢丹にも馴染みがあるので、こちらも!
セントラルワールドとつながっているので、中から移動できます。
バンコクショッピング・セントラルワールド
化粧品、ファッション、リビング、ベビー、家電の他
紀伊国屋書店や源吉兆庵も入ってました。

おまけ
バンコクショッピング・セントラルワールド

よくわかんないけど、伊勢丹前にあるオブジェ。
うーん、一体何を表しているのかしら?
2013/01/22(火)
『バンコク市内はBTSで楽々移動』
バンコク市内を移動するには、BTSは便利です。
BTSはBangkok Transit Systemの略。
高架を走るスカイトレインです。

miinaがよく利用するのはBTSアソーク駅。
地下鉄と乗り換えができる比較的大きな駅です。

運賃は15B(約45円)~ 一番遠くまで行っても40B(約120円)
タクシーもそうだけど、移動にかかるお金は
日本に比べてかなり安いからありがたい

この発券機で切符を購入。
これが小銭しか使えないから、ちょっと面倒。。。
BTS(Bangkok Transit System)で楽々移動

だから、20Bの切符を買うのにも、
20B紙幣を窓口で10Bコイン2枚に両替してもらわないといけないんです。

じゃぁ、小銭ない時は窓口で切符買えばいいじゃん!
って思って、窓口に行ったら、
なんと両替しかしてくれない…(悲)
結局、窓口で並んで、券売機で並んで…

うん、やっぱりちょっと面倒ね。。。

切符はテレフォンカードみたいな大きさで、改札口に通して駅の中に。
高架鉄道なので、ホームは上にあります。
BTS(Bangkok Transit System)で楽々移動

電車いつ来るのかなぁ…っていう焦りは禁物です
日本みたいな時刻表はなく、
適当な間隔でやってくるので、気長に待ちます。
(だいたい5分くらい待ってたらきます

BTS(Bangkok Transit System)で楽々移動

電車の中は、クーラーが効いていて涼しい~
っていうよりも、私には恐ろしく寒いです…ブルブル
2013/01/21(月)
『タイのお金☆全種類集合』
たまたまお財布を見たら、
今まであまりお目にかかってなかった50B紙幣が入ってて、
ちょっと調べてみたら、全部の紙幣がそろってました。

まぁ、暮らしてたらこういうこともよくあるとは思いますが
なんかちょっと嬉しくて
スゴーイって思って。

これは、もしかして?
って思い、コインも調べてみたら、こちらも全種類
わーい、やっぱりスゴーイ

タイのお金☆全種類集合
です。
記念にパチッ。
バンコク 紙幣

っていうか、よくみたらデザインみんなプミポン国王じゃない?

1000バーツ、500バーツ、100バーツ、50バーツ、20バーツのお札はもちろん、10バーツ、5バーツ、2バーツ、1バーツ、50サタン、25サタンと全てのコインもプミポン国王の肖像画が刻まれています。
バンコク コイン

スゴーイ

え、もしかして裏も…?

さすがに裏は違う人でした。
バンコク 紙幣

コインの裏も、違うね。
バンコク コイン

それでも、プミポン国王はタイの国民に愛されてるんだなぁ
って感じました
2013/01/19(土)
『新年のクリスマスツリーとついに片づけられた日』
新年でもあちこちにクリスマスツリー
年が明けてからタイに来たんだけど、
行くところ行くところが
クリスマスの飾りやイルミネーション
あまりにもクリスマスツリーが多いので、
見つけたら写真を撮っていました!

滞在先のホテル「コラムンバンコク」
新年でもあちこちにクリスマスツリー

飾りにはゾウさんもいて、キュート
新年でもあちこちにクリスマスツリー

センターワールド前の巨大なツリー。
新年でもあちこちにクリスマスツリー

その向かいのゲイソン前にも。
新年でもあちこちにクリスマスツリー

これは、エクスチェンジタワー内。
新年でもあちこちにクリスマスツリー

イタリアのチョコ「ロシェ」のツリーには思わず感動!
新年でもあちこちにクリスマスツリー

そして、ターミナル21も毎晩きれいにイルミネーション
0101ターミナル21

  ↓  ↓  ↓

これがようやく外されたのが、1月18日
新年でもあちこちにクリスマスツリー

もしかして片づけないんじゃないかとも思いましたが、
ちゃんと1月中には片づけるのですね~(笑)
新年でもあちこちにクリスマスツリー

2013/01/12(土)
『バンコクって都会!』
無事にタイのスワンナプーム空港に到着。
セントレアからは約6時間
日本との時差は、2時間です。

2006年にできたばかりのスワンナプーム国際空港
とっても広くて迷いそう…
(じゃなくて、まあまあ迷ってた…
お迎えのドライバーさんに会えるか不安だったけど、
ちゃんと名前入りのカードを持って待っていてくれたので
無事に会えました!

1時間弱でバンコク市内まで。
バンコクってすごい都会です
高層マンションや高層ビル、高級なホテルがところ狭しと
たち並んでいて、名古屋なんかよりもずっと都会でしたね

タイ・バンコクの街

そして、バンコクの滞在先のホテルまで、ちゃんと送り届けてもらい
その後は、安心しきって爆睡

翌日も、午前中はホテルでずっと寝ていました。
とっても疲れていたのね~
※当ブログの趣旨にそぐわないコメント等は、管理者の判断によって断りなく削除する場合があります。ご了承願います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。