--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2012/01/25(水)
『パリの味!ショソン・オ・ポンム(リンゴのパイ)』
前回、モンブラン・タルトのクリームの中に忍ばせたパイ生地は
こちらの端切れでした↓
ショソン・オ・ポンム リンゴのパイ
「ショソン・オ・ポンム」
これはりんごのパイのこと。

この時のパイ生地の端っこが余ってしまってもったいないので、
一緒に焼いて、モンブランに使ったってわけ
どうりでヘンな三角形のかたちしてると思った・・・!
  ↓  コレ  ↓
バースデーケーキ*モンブラン

さて、ショソン・オ・ポンムに戻りますと、
これは、そのまま訳すと「リンゴの靴」???
ショソン(Chaussons)とは、女の子がバレエの時に履く靴のことで、
このリンゴのパイが、そのバレエシューズににているところから
名付けられたそうです。カワイイ

折りパイ生地を作るのが面倒だけど、手作りのパイはおいしい
ショソン・オ・ポンム リンゴのパイ
今回は4つ折りで、計3回の折りパイ生地です。

中に入れるリンゴのジャムももちろん手作り!
っていうか、実は、別のお菓子でリンゴのキャラメリゼしたら失敗しちゃって
それで、そのままジャムにしちゃったんです。
だから、このキャラメル色
ショソン・オ・ポンム リンゴのパイ
くるんだら、生地をしっかり合わせ、上面にドリュレし、
ナイフで模様を描きます。
ショソン・オ・ポンム リンゴのパイ

190℃のオーブンで約1時間ほど焼き上げます。
サクサクのパイ生地のなかに、甘酸っぱいリンゴのジャムが
自然で素材の味を楽しめる、おいしいリンゴのパイが出来上がりました。
ショソン・オ・ポンム リンゴのパイ
たくさん焼いたのですが、合わせがあまくて、
焼成時にカッパ~っと開いちゃって、(貝じゃあるまいし・・・)
お見せできない事態のパイ達がおりまして、
彼らは撮影時、そばで待機していただくことに

そんでもって、すぐさま、味見される運命でした。。。

ショソン・オ・ポンムといえば、miinaの中では、Parisのポワラーヌ
パイのサックリ感も、リンゴの甘みも絶妙で、本当においしいリンゴのパイが
売っているので、パリに行けば必ずここで買って、その場でパクリ。

あぁ~フランス行きたい~。

そうそう!今年に入って、パリに旅行に行かれたというお客様から、
すごくうれしいお土産をいただきました
そのお話はまた、次回に書かせていただきます














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
※当ブログの趣旨にそぐわないコメント等は、管理者の判断によって断りなく削除する場合があります。ご了承願います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。