--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2011/11/06(日)
『東京のおいしいお菓子とガレット・ブルトンヌ達』
ガレット・ブルトンヌ―――。
フランスブルターニュ地方のバターたっぷりの厚焼きクッキー。
サクサクとした食感がおいしいですよね。
見てください!!
お店によってこんなに違うんです。
ガレット・ブルトンヌ
左から「パリ・セヴェイユ」、「モン・サン・クレール」、「アテスウェイ」

東京のお土産として、いつもお世話になってるお客様からの
贈り物
最近は、なかなかスイーツ巡りに行けてないmiina。
だから東京スイーツはすごくうれしいです
ありがとうございます!!!

東京のおいしいパティスリー
こんなにたくさんの種類の焼き菓子をいただきました。
お店の特徴があって、おなじお菓子でも全然違うんですよね!!

ガレット・ブルトンヌを食べ比べてみました

こちらは、「パリ・セヴェイユ」のガレット・ブルトンヌ。
ガレット・ブルトンヌ*パリ・セヴェイユ

ガレット・ブルトンヌ*パリ・セヴェイユ
しっとりめで、ホロッとやわからい食感。
アーモンド入りかな???
とっても香りがよくておいしかったです。


続いて、「モン・サン・クレール」のガレット・ブルトンヌ。
ガレット・ブルトンヌ*モン・サン・クレール

ガレット・ブルトンヌ*モン・サン・クレール
しっかりと中まで色付くほど、よく焼き系!
フランス本場の焼き菓子って感じ。
他に比べて薄いので、食感はザクッとしていて
でも軽い歯触りです。
とっても洋酒がきいてました。


最後に「アテスウェイ」のガレット・ブルトンヌ。
ガレット・ブルトンヌ*アテスウェイ

ガレット・ブルトンヌ*アテスウェイ 
アテスウェイは初
結構お気に入りの味でした。
分厚いわりには、サクサク感がすごくて、
フルール・ド・セル(塩)がきいていておいしい。



私の作るマリアージュ・ガトーのガレットは
アテスウェイに方向は近いかな!
(私ごときを比較したら恐縮ですが…
私の焼き加減は、中は火が通ればOK。
あんまりしっかり色付くまでは焼かないです。
フルール・ド・セルに衝撃を受けました。
ちょっと使ってみようかな













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
※当ブログの趣旨にそぐわないコメント等は、管理者の判断によって断りなく削除する場合があります。ご了承願います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。