--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2011/10/20(木)
『抹茶のマカロン イタメレレシピ』
久々のマカロンです
「抹茶のマカロン」
抹茶のマカロン イタメレレシピ
前回のNHKグレーテルのかまど見ました?
「パリジェンヌのマカロン」の回でしたね~
マカロン好きのmiinaは、ビデオ(じゃなくてHD)に録画して
本放送と合わせて3回も見ました

マカロンって、おんなじようにやっても成功したり、失敗したり・・・。
失敗しても、なんで失敗したかわからないんですよね。

番組では、そんなマカロンのことを「じゃじゃ馬みたいなやつ」って
表現していました。
しっかり見てないと暴れ出すけど、でもちゃんと飼いならせば
言うこと聞いてくれるはず

時々マカロンは作ってるんだけど、ありゃりゃりゃってな失敗が多くて
写真も撮っていません。
レシピもいっぱいあって、いろいろとアレンジしたり、
パティシエレシピ試してみたりもするんだけど、
自分が必ず成功するレシピにはまだ出逢ってなくて。
いつか100%の確率で作れるようになりたいわ。

今回はイタリアンメレンゲでのレシピです。

***材料***
卵白-----60g
グラニュー糖-----80g
水-----20g
(出来上がりのうち90g使用)

純アーモンドプードル-----60g
純粉糖-----60g
卵白-----25g
抹茶-----3g



***作り方***
1.イタリアンメレンゲを作る。
ボウルに卵白を入れる。鍋にグラニュー糖と水を入れ、強火にかけ、熱する。
100℃くらいになったら、卵白を高速で泡立て始める。
鍋が118℃になったら、そのシロップを卵白に少しずつ注ぎながら高速で泡立てる。
弾力のあるしっかりしたメレンゲを作る。

2.別のボウルにアーモンドパウダーと粉糖、抹茶をふるい入れ、卵白を合わせてしっかりと混ぜ合わせる。

3.1のメレンゲのうち90gを2のボウルに入れ、軽く全体を合わせる。
抹茶のマカロン イタメレレシピ

4.全体がまざったら、カードを使って、マカロナージュする。
抹茶のマカロン イタメレレシピ

5.ツヤが出て、生地がリュバン状になったら、絞り袋に入れて、天板のオーブンシートの上に丸く(3cm)絞る。
抹茶のマカロン イタメレレシピ

6.表面が乾くまで、よく乾燥させる。
抹茶のマカロン イタメレレシピ

7.(私の場合)180℃に予熱し、マカロン生地を入れたら160℃で約3分(ピエがでるまで)、その後、130℃に下げて、18分~20分ほど焼成。

8.抹茶味のバタークリームをサンドして、完成。

抹茶のマカロン イタメレレシピ

番組で言ってたマカロンの大事な点は、リスピエ
「リス」とは表面のツヤ。
あらかじめ粉類に卵白を混ぜておくとことと、
しっかりとマカロナージュすることで、マカロン独特の
ツルンとしたツヤが生まれます。


抹茶のマカロン イタメレレシピ

「ピエ」とは、生地の周囲にはみ出たフリルのような部分。
生地をオーブンに入れてから、最初は高温で一気にピエを出します。
ピエが出てきたら、一旦オーブンを開け水蒸気を逃がし、
温度を下げて中まで焼きます。


抹茶のマカロン イタメレレシピ

イタリアンメレンゲでつくるマカロンはふんわりしていて
軽い仕上がりになります。
この食感はけっこう好きなんだけど、
私はイタメレで作ると、焼きで失敗する確率が高いんですよね。
もっと練習しないと












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
※当ブログの趣旨にそぐわないコメント等は、管理者の判断によって断りなく削除する場合があります。ご了承願います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。